日本を代表するゲーム会社

グローバルゲーム業界でも存在は絶大の日本企業。海外に比べるとまだまだ硬い印象のある日本の企業文化ですが、その点ゲーム関連会社は数段に自由な社風のところが多く、就職先や転職先としても人気となっています。

また、自分自身が好きだったゲームの続編等に仕事で関わる機会があるかもしれない、など、ゲームファンにとっては夢のある業界といえるでしょう。それだけに競争率も激しく、また、設計関係者は実際に高い技術力を求められるため、明確なスキルやアピールポイントが要求される分野でもあります。

この記事では、日本国内のゲーム業界における大手企業と呼ばれる各社を紹介します。少しは、就職先や転職先選びの参考になるかもしれません。

ソニー

「プレイステーション」を世界に送り出したソニーは、その後も「PS」の後継機種を発表し続けています。平成27〜28年の売上高なんと1兆4,797億円と、日本のゲーム業界でも桁違いの利益をあげているメガ級のゲーム開発会社です。

任天堂

懐かしの「ゲーム&ウオッチ(相性はゲームウォッチ)」、「ファミリーコンピュータ」を生み出した任天堂。近年においても「DS」や「Wii」など、まさに全世代にユーザーがいるであろう、任天堂。まさに、『家庭用ゲームの王者』といえるでしょう。

一時は業績が落ち込み、不穏な噂がささやかれた時期もあったものの、「Nintendo Switch」、「ポケモンGO」などで再びカムバックしました。平成27〜28年の売上高は5,044億円と好調で、業績は完全回復しています。

バンダイナムコ

ゲームのみならず、玩具や模型、映像、音楽など幅広いエンターテイメント分野を手掛ける企業である、バンダイナムコHD。

日本人なら知らない人はいない「ドラゴンボール」「ガンダム」などの超超ロングセラーコンテンツが強さの秘訣となっています。

スクウェア・エニックス

上記の3社に比べると会社としての知名度は低いものの、あの「ドラゴンクエスト」シリーズと「ファイナルファンタジー」シリーズを手がけた、PRGの王者ともいえるスクウェア・フェニックス。家庭用ゲームソフトとオンラインゲームの開発を行なっています。

セガサミー

セガサミーは、ゲーム開発メーカーのセガグループと、パチンコ&パチスロ事業を担当しているサミー社の2部で構成されています。また、リゾート事業なども行っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*