MacにWindows8を入れた際にUSキー配列に設定する方法

Windows8のアップグレードが1月31日まで3300円ということだったので、せっかくなのでMacに(Parallels使って)Windows8を入れてみました。

Windows8は色々言われてますが、UIとか設定項目面で批判されてるのが主で、セキュリティ面ではXPより安心で、最初から動作自体は安定してます。(まだWin7の方が速い処理とかあるらしいですがw)

私が持ってるMacBookProはUSキー配列です。結構Mac所有者、エンジニアの方はUSキー信者の人が多いです。

しかし、Windows8では(Windows7から?)キーボード配列が簡単に変更できません。何故か日本語配列固定です。
XPのときは簡単に変えられた気がするキーボード配列設定変更方法が分かりにくかったので、載せときます。

やり方は、デバイスマネージャーを使うだけ

ぶっちゃけ、Windowsを触ったことがある人は大抵(?)見たことがあるデバイスマネージャーでドライバ変更するだけです。

自分は「Parallels Desktop」を使っていますが、「VM Fusion」でも同じ?

パパっとスクショで一連の流れを。

デバイスマネージャーでキーボードのプロパティを開く
デバイスマネージャーでキーボードのプロパティを開く

ドライバー更新を選択
ドライバー更新を選択

ドライバーを手動で検索
ドライバーを手動で検索

ドライバーの一覧から選択
ドライバーの一覧から選択

「標準 PS/2 101/102 キーボード」(US配列キーボード)ドライバを選択
Win8 us 05

これでキーボード設定がUSキーボード用になります。

単純なんですが、なぜこれをコントロールパネル上で簡単にさせてくれないのか謎です。
確かに普通の人は日本語Windowsで日本語キーしか使わないかもしれませんが。。。

Windows8にするかしないかを決めるのは今が良い機会

兎にも角にも、Windows8のDL版が3300円(isoファイル付き)で買えて、MediaCenterも1月31までに入れれば無料なので、入れるなら今が良いかと思います。理由は単純にコスパです。

でも、さすがに仕事用のメインに入れるのはちょっと厳しいかもしれません。
そういう意味で言えば、現時点のベストな選択肢はWindows7でしょう。

Windows8は慣れるまで時間がかかります。
ショートカットキー覚えると捗るんですけどね。
Windows8 + Apple USキーボードのショートカットメモ - o_6.blog

入れないならWin7、もしくはWin9まで待つかですね。XPはさすがに限界になってきましたね。

ちなみにXPのサポート終了は2014年4月8日までです。
ネット接続しなければあまり問題ないかもしれませんが、そうは言えないこのご時世です。

逆に言えばIE6, IE7, IE8の対応が減ってくるので、これ機にWebでの表現の幅が増えてくるって予測が立てられます。
そうなると自然にIE9, IE10の比重が上がってきますよね。

そういう意味でも、色々備えておくと後々動きやすいかもしれないですね。