紙を消費せずにメモとか絵を描いてみたい!

ふと、メモとか絵を書きたくなる時があります。
なのでメモ帳とかノートは出来るだけ常に持ち歩くようにしています。

社会人としては当たり前のことですね。
個人的にはネタ帳として使う方が多いです。新しいサービスとか、これ面白そうとか思いつくと、とりあえず書いておきます。

で、たまに思うんですが、
「一時的に書いておいて、すぐに処分してしまうメモ」ってもったいなくないですか?
いらなくなったらメモ帳から破り取って捨てるのですが、どうももったいない感じがしてしまいます。

ということで、紙くずを出来るだけ出さない便利ツールを探してみました。

iPadをスタイラスペンで更にパワーアップ

iPad2も発売されて多少は軽くなったので、スタイラスペンを買ってiPadにメモやお絵かきするのもアリな感じになってきました。

スマートフォンにペンで書くのは小さすぎるんですよね。
かと言って初代iPadだと持ち歩くのが結構おっくうです。iPad2の重さも大して変わらないと言われればアレなんですけどw

どうやら、WACOMから発売されているスタイラスペンの評判が良いようです。
WACOMは世界的にシェアを誇るペンタブとしての実績があるので、ペン単体でも信用感がありますね。日本企業ですしね。
Wacom | Bamboo STYLUS

参考:【レビュー】ペン先の交換も可能〜永く使える上質なスタイラス『Wacom Bamboo Stylus』 - Touch Lab - タッチ ラボ

電子メモパッド ブギーボード

ブギーボード | KENT Displays
一部で有名なブギーボードです。大学だと生協で扱ってたりするらしいです。
以前、知り合いに使わせてもらったのですが、
個人的にかなりオススメです!

iPadのようにデータにはしないので保存は出来ませんが、一時的な記録を残すには重宝します。
電池交換が出来ないのが玉に瑕ですが、書き換えは5万回まで可能でワンタッチで書いた内容をクリア出来ます。

まるで未来的な持ち運び黒板ですね。
(既に一瞬で消えるホワイトボード的なものはありますがw)

最大の魅力は軽さ、コンパクト感、書きやすさでしょうかね。
筆圧認識は結構なもので、手書きにかなり近い感覚で書くことが出来ます。

もしメモした物を残したいのなら、書いた内容をカメラで撮ってEvernoteにでも上げておきましょう。丁寧に書いたのならEvernoteで文字認識してくれますしね。
触らせて貰っただけで、まだ自分のは持ってないのですが、常に持ち運んだり、作業時に常備しておきたいツールです。
自分のアイデアを人に絵を描きながら説明するのに使えそうです。
そのうち買おうと思ってます。