uncategorized

はてブやTwitterのコメントを1クリックで確認「Komepon!」

Webページを公開した後、ソーシャルボタンにはてなブックマークやTwitterのツイートのカウントが増えていくと嬉しくなってきますよね。 人によって異なりますが、感謝のコメントがあったりすると嬉しくなってモチベーションアップにも繋がったりします。それぞれのソーシャルボタンからコメントを辿ることは可能ですが、今回「Komepon!」というWebサービスが公開されましたので紹介します。

MarsEditで急に投稿出来なくなった時の対処方法

WordPressの記事作成は「MarsEdit」という投稿ツールを使っています。 しかし、急に「MarsEdit」で記事が取得不可能になりました。色々と調べていくと「Secure WordPress」プラグインが原因になっている模様。 もしくは、MarsEditの記事保持数が多いのが原因になっているようです。 今回はMarsEditで発生した症状とその対処方法の紹介をしていきます。

Google+ユーザー必見!Picasaの上手な活用法!

Google+が始まったことでPicasaウェブアルバムの無料容量が無制限になったことはご存知でしょうか? Google+で画像を投稿すると自動的にPicasaのウェブアルバムにアップロードされ、Picasaから画像を持ってくる形式になります。Google+とPicasaの連携機能をうまく活用することで、指定のサークルのみに公開するアルバム設定を調整出来たり、相手のアルバムを簡単に一括ダウンロードすることが可能です。 Google+のおかげで、より陽の目を浴びたPicasa。せっかくなのでうまく活用しましょう。

Mac OS X Lion の疑問点解消のまとめ

Mac OSX 10.7 Lionがリリースされましたが、同時にMacBookAirも新しくなり、Macデビューの人が増えているようで嬉しい限りです。 しかし、今回のアップデートはなかなか新しい機能が多く、今までMacを触っていた人でも少々戸惑ってしまうことも多いです。 今回は、Lionにアップデートされた方、新しくMacデビューする方にぜひ知っておいてほしい、設定等の方法を紹介していきます。出来るだけ画像つきで分かりやすくしました。

Google+で文字を装飾してみよう

前回のまとめ記事がホットエントリになり、それをきっかけにGoogle+を始めた方も多いようです。 Google+のネタは日々発見されていくので、ネタに困りません。どんどん触っていきましょう。 テキストやメディアを流していくストリームがありますよね。 実はストリームに書き込むテキスト、コメントは装飾出来ます。 今回はその方法を紹介していきたいと思います。

今すぐ使えるGoogle+まとめ

中毒性が高く話題になっているGoogle+ですが、土日と2日間通してだんだん使い勝手が掴めてきましたので、今から始める人向けに分かりやすく紹介していきます。 あまりSNSに慣れていない人はまだ敷居が高いので、正式公開を待った方がいいです。とはいえ、面白いことに代わりはないので、ぜひ触って見て欲しいです。 参加するにはこちら:Google+ プロジェクト 始められる方はこちらで短縮URLをゲットしておくと捗りますよ →今がチャンス!Google+アカウントの専用URLをゲット!

Google+アカウントの専用URLを作る

Google+が一部の人限定で公開されています。 SNSサービスをうまく活用している方は名刺に「Twitter」「Facebook」のアカウント名を載せたりすることもあるんじゃないでしょうか? そこにGoogle+のアカウント、正確にはGoogleプロフィールページへのリンクを載せることになるかもしれません。(Gmailのアドレスでも問題はないです。) GoogleプロフィールページのURLは長い

NetBeansでCakePHPの環境作りをしてみよう!

PHPの知識がまだ浅い私ですが、せっかくなのでフレームワークと一緒に覚えることにしました。 そこで、軽いと評判の「NetBeans」を使って「CakePHP」が動く環境を設定していこうと思います。 NetBeansは既に日本語化されており、何故かマスコットキャラクターまでいます。上に表示されてる「ねこび〜ん」がそうです。 プログラムを組むことを容易にする統合開発環境(IDE)はEclipse、Aptanaなどの方が有名かもしれません。その辺りは各自合うものを選択しましょう。これらのソフトはWin/Mac両対応しています。 私はNetBeansを選択したので、今回は他の開発環境には触れません。

WordPressで何度も使うコードを簡単に使い回す方法

はてブ・Twitter・Facebookのボタンを付けるのがもはや当たり前のような流れになっています。 WordPressのプラグインで追加するのが一番簡単なのですが、微妙な調整が出来なかったりするので、テーマに直接貼り付けています。しかし、トップページと個別ページとアーカイブページと・・・という感じに同じコードを何度も貼り付けるのはあまりよろしくありません。 テーマファイルのfunction.phpにコードを書くことで、コードを簡単に呼び出すことができて、使い回しも簡単になります。

URL正規化によって、パラメータによる分散を防ぐ

FacebookやTwitterからのリンクには「utm_source〜」というURLパラメータが付くことがあります。 これはGoogle Analyticsのためのパラメータで、アクセス解析の際にどこから来たのかをより詳細に調べるために付いています。 しかし、別のパーマリンクとして判定されてしまうため、はてなブックマークでブックマークしても本来のパーマリンクとutm_source〜のリンクは別扱