WiMAXが届いた!どうせなら可愛いのがいいでしょ!?モバイル通信選び

最近ヒッキーな自分ですが、出掛けるときは結構遠出したりします。

近場の名古屋が一番多いですが、東京にも結構行きます。

遠出すると何が一番困るかというと、時間調整です。予定の時間に合わせるために喫茶店等で時間を潰すわけです。

今まではスマートフォンでSNSをひたすら巡回していましたが、やはりブログが更新したいです。スマートフォンでブログ更新はさすがに辛いです。

ということで、外出先でネットが出来るようにWiMAX契約しちゃいましたっ!

検討中の人の為にモバイルデータ通信サービスについての説明も簡単に載せときますね。

モバイルデータ通信サービスの簡単な説明

モバイルデータ通信ってのは要するに「持ち運び出来るインターネット」ですよね。

有名なのは

  • WiMAX
  • イー・モバイル
  • ドコモ Xi
  • ソフトバンク ULTRA SPEED
  • 日本通信 b-mobile
    これらサービスですね。ちなみにWiMAXはauの子会社なので、auと捉えてOKです。だからこそ、auはWiMAXスマートフォンであるEVOを販売しています。

これからのauの強みはWiMAXとの連携でしょうね。

日本通信はドコモのネットワーク網を使ってます。なので、ドコモが繋がる場所はOKってことです。

・使いまくるなら・・・日本通信、WiMAX

・たまに使うなら・・・WiMAX、ドコモ

・都会周辺がメイン・・・WiMAX、ドコモ

・いろんな場所に行く・・・ドコモ、日本通信、イー・モバイル

上で挙げたのはあくまで一例です。

やっぱり色々欠点があります。

日本通信

とにかく通信が遅い。ドコモ網を使う代わりにスピードが犠牲になってる。

ドコモ Xi

Xiの対応エリアが狭い。端末の発売も遅い。通信料が高い。Xi対応エリア外は3G通信だが、やはり遅い。

WiMAX

対応エリアが狭い。通信が速い代わりに窓際でないと受信出来ない。

イー・モバイル

速度も対応エリアも無難だが、規約改定が頻繁に行われ、すぐに規制されるので結局通信が遅い。

ソフトバンク ULTRA SPEED

電話と一緒でエリアが狭い。Xiと競うつもりならもっと本気を出して欲しい。

この中で帯域制限がないのはWiMAXだけです。

正直都会に住んでて、電波が入るところが移動範囲ならWiMAX一択です。

Xiは現在抱き合わせ割引が行われているので、買っている方が多いです。MacBookAirと組み合わせると普通に買うより安く買えますw

私が買ったのは・・・モモピンク!

WiMAXと契約する際は店頭で抱き合わせの割引で契約、もしくは価格.comでの割引を活用しましょう。

私は価格.comでWiMAXを選択。

プロバイダはSo-netでWM3500Rの限定カラーのモモピンクにしました。クレードル付きです。

Wm3500r2

どうです?かわいいでしょw

このWiMAX端末であるNECのWM3500Rはかなり良い端末なので、結構普及してます。なので、限定カラーを狙ってみました。あんまりカバンから出さないですし、目立つほうが忘れ難いですからね。

付属のUSBケーブルもピンクだったのは良かったです。

私がした契約は「So-net モバイル WiMAX Flat 年間パスポート 【モバイルWi-Fiルーター】Aterm WM3500R(AT)クレードルセット」ってやつです。

初期費用はクレードル代の2780円

月々3800円

キャッシュバック6500円

端末代はタダ

これで1年間実質3173円らしいです。まぁ、それなりにお得ですね。

価格.comを見る際は特にですが、値段だけではなく全体のサービスに注目しましょう。

WiMAXの端末追加が出来るのはUQ WiMAXだけだったりと、プロバイダによってサービスが結構違いますので。

また、モバイルデータ通信サービスには大体おまけで公衆無線LANサービスがついてきます。

このおかげで新幹線や空港等に設置されてる無線LANを使用する事が出来ます。

これで新幹線に乗っててもブログ更新できますね♪