ゲームクリエイターにオススメのマンガ・書籍を紹介してみる

現在、Kindle 50% 還元セールが開催中です!

でも、おそらく6/1(月) 正午までらしい…。もっと早く言えよ!

色んなブログがおすすめ本紹介という体で、アフィリエイト貼ってるので、それに乗っかって対抗しようかなと(マテ

普通のマンガを紹介してもつまらないので、『ゲームクリエイター』主に『プランナー』の方にオススメな本ということで選んでみました。

ここのリンクから買ってもらえると、それはとっても嬉しいなって。

ゲームを題材にしているマンガ

もっといっぱいありますが、とりあえず思いついたの並べました。

ナナのリテラシー

ルポマンガで有名な鈴木みそさんの書籍。特に2巻がゲーム開発会社の話なんですが、1巻から読んでも非常に読み応えがある。全3巻なので時間がなくても安心。

エロゲの太陽

エロゲ開発会社のお話。なかなかブラックな業界の内容。

東京トイボックス、大東京トイボックス

確かドラマにもなった作品。有名ですね。
モデルの会社はアクワイア。
大東京の方は出版社が変更になって、テイストも変わりましたが続編という認識でok。

EGメーカー

ゲームというよりはイラストレーターを題材にしたお話。エロ絵について熱く語ってます。

放課後さいころ倶楽部

少女3人がボードゲームを色々遊ぶお話。ボードゲームをあまり知らない人に読んで欲しい。

NEW GAME!

「がんばるぞい!」でお馴染みの作品。
読んでみるまではゲーム会社の話とは知らなかった。ゲーム業界のことには深く触れない、きらら系日常マンガなので癒やしを求める方はぜひ。
…ああ、こんな職場で働いてみたい。

Wizard’s Soul

カードゲームが強いことで、世間的な地位が上がるという世界観のお話。カードゲームが強ければモテるわけです。素晴らしいですね。
カードゲーム自体のルールには触れずに、なんか物語進んでる感を演出してます。『咲-saki-』を想像して頂ければいいかと。

資料作成に役立つ実用本

説明、提案する際にどうしても欠かせないのがプレゼンの資料作成に役立つ本です。
見やすい資料の法則をつかめるので、結構実用的。

特に『ノンデザイナーズ・デザインブック』はデザインが分からない人でも、かなり分かりやすく、色んな場面で応用が効くのでオススメしておきます。

企画職から切っても離せないのがExcel。
レベルデザインの仕様書組んだり、ゲーム内のデータを集計して報告したりと、色んな場面で使います。
Excelをちゃんと勉強したことがない人は、読むだけで結構作業が短縮されちゃうかも…?

ゲームプランナーが書いた本

ゲームプランナーであれば一回は目を通しておいた方がいいのではってのを並べておきました。

※理由は不明ですが、電子書籍版があまりないです。

入門書としてとても優れてると思うので、業界に入ったばかりのプランナーの方には超オススメしときます。

個人的にですが、桜井さんの本には目を通しておいて欲しい…。ボリュームもそんなにないので気合を入れずとも読めるかと。

考え方、ビジネス

最後に

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
意識高い感じに並べましたが(もちろん全部読んでます)僕は『四月は君の嘘』を全巻買ったのでじっくり読もうと思います。

それでは楽しい読書ライフを!