たとえ萌えアニメだろうと感動させる力を持っていたりするのだ

お前は一体どうしたんだと思う人もいるでしょう。

私もそう思う。

こんな記事を書いたキッカケはあるアニメを見て感動してリピートしているから(←現在進行形)。

今回は私の趣味を暴露するわけでもないですが、少しだけアニメーションについて語っちゃいます。

萌え文化を否定する人も多くいると思います。別にその方を否定するわけでも全然無いです。

でも、素晴らしい作品には素直に感動して、素直に評価したいと思っているので、実名出しだとしても私は公にこういうことを書いたりします。

まぁ実際は、クリエイターの方は固く考える人は少ないですし、意外と好きな人が多いというのがイメージとして強いんですけどね。

この記事を書いてしまった原因

で、今日見てしまったのが「THE IDOLM@STER(アイドルマスター)」の第20話「約束」

ゲームが原作なこのアニメなんですが、今まで見てない人でも1話だけで大体完結してるので見られると思います。

展開的にはベタベタな王道なんですが、最後の盛り上がりと演出が果てしなく素晴らしい。

しかも、よく見ると凄く細かいところに意味のある描写があって、クリエイター凄い!と感動してしまったわけです。

良い曲だなーとか思ってたら作曲に『エースコンバットZERO』の超名曲で有名な「小林啓樹」さんが関わってた。これは嬉しい。

自分が個人的に惹かれてしまう演出

これは私が映像作品を見る際に全て当てはまるのですが、私が注視しているシーンは

  • 感情がむき出しになっている表情のアップ
  • 幕開き、幕締めの際の間

上記の動画を見れば分かるんですが、どんなにデフォルメ化したアニメでも感情をむき出しにする一瞬だけリアル描写になり、表情が動きまくります。そこに私は見入ってしまいます。(変態じゃないです)

よほど力が入ったアニメでしか見られないため数は少ないですが。

「AKIRA」「スプリガン」「攻殻機動隊」「エヴァンゲリオン」等の有名タイトルに結構見られます。

最近だと「空の境界」でありました。

また、「間」です。どんな映像作品でもスタッフロール・EDという締めがあるのですが、締めに入る「間」って凄く重要だと思うわけです。たまにブツ切りにしてる作品がありますが、あれじゃスタッフロール入ったときに余韻に浸ることが出来ません。意図的にブツ切りになっている場合ももちろんあります。

でも、スタッフロールの入り方がよくないからなんだかなーと思う映画作品は結構多いです。

昨今の萌えアニメはハーレム系と日常系ばかり

これはある意味商業的に仕方ないことですが、もうちょっと色んな種類のものがあると嬉しいですよね。萌えでハーレム系のアニメが一番売れるんですよね。中身がなくてもw 今の人気ラノベって大体そうです。

「けいおん!」のように女性しか登場しない日常系アニメも売れたりします。

ちなみに日常系の漫画やアニメが流行るのは日本の特徴的な市場だったりします。日々のストレスの反映なんでしょうかね〜。

また、「万人向け=ジブリ風」というのもおかしい気がします。とりあえずジブリ風にしておけば売れて、万人向けになるという考えで作られ消えていった作品がどれだけあるのか・・・。

私の好きな細田監督の作品はジブリっぽさからは完全とは言いませんが良い感じに離れていると思います。宮崎監督が自分の下に置くのは勿体無くてジブリに入れなかったという話がありますが、やはりそういうことなんでしょうかねぇ。

多くの人に認知されることになった「サマーウォーズ」自体、何年も前に制作した「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム」を万人向けに焼き直したものですからね。たぶん、私のように「ウォーゲーム」をリアルタイムで見た人にとっては「あれ、サマーウォーズのオチの展開まで一緒じゃんw」という感想を抱いたかと思います。

否定するわけでもないんですが、もっといろんなことやって欲しいです。

萌えだけじゃ、ないんだよ!

話を戻しますが、感動するアニメも数はそこまで多くはないですが存在します。

別に萌えアニメじゃなくてもいいです。

なんだかんだでディズニー好きな私はミッキーの白黒のアニメーションを何十回も見ましたし、「白雪姫」も、「美女と野獣」も「アラジン」も「ライオンキング」も摺り切れるほど見ました(当時はビデオテープ→BD買い直し)。

特に「白雪姫」は世界初のカラー長編アニメで1950年制作なのにあれなんですから、ホント感動しますよね。感動のベクトルが違いますがw

「CLANNAD」とかぜひ見ていただきたいとか思うのですが、絵が思いっきり萌えキャラですし、50話あるので勧められるものじゃないです。最後の10話くらい見ればなんとかなるかも・・・w

私が個人的に好きなのもあるんですが、日本だけでなく、海外のフォーラムでも現在1位の座を貫いているので、十分見るに値するアニメだと思います。

・・・・・・なぜこんなに長文になってしまったのか(; ・`д・´)

ま、たまには好きなことを語ってもいいよね