category : webtech

オリジナルCSSフレームワーク?っぽいのをgithubに上げてみた

書いてる時点で超眠いので中身は後日・・・w マークアップしてる大抵の方は、自分が最初に使うであろうスタイルや、毎回使用しているクラスとかがあるかと思います。それは各々、スニペット化してたりとか、テンプレート化してたりするのではないでしょうか。 で、私もそろそろそういう感じなことしたいなーと考えて、githubにあげちゃおうということにしました。スニペットだと結構忘れたり、作りすぎていっちゃうとかあるので、、、。 gitで管理しとけば別プロジェクトにgitのsubmoduleとして突っ込んどけば色々楽が出来ます。(特にmixinとか)git関連のお話はまた今度。

Facebookのいいね!を解除する方法(2011/11版)

Google+ページが登場しましたが、やはり本家はFacebookページです。 Facebookページの魅力は「いいね!」の押しやすさと、その後にいいね!を押したユーザーに対してウォールに配信するというフィード配信と同じようなことが出来ることです。 ですが、いいね!を押すのが簡単な割に、いいね!を解除する方法が分かりにくいです。別に難しくはないのですが、面倒でいいね!解除せずにミュートしちゃうだけの方もいらっしゃるかもしれません。 あと、ついつい私のように解除方法忘れちゃう方もいらっしゃるかもしれませんので、メモがわりに載せておきます。

IE6 No More プロジェクト - コードのコピペでブラウザ変更を促す

Web制作関係者にとって「Internet Explorer 6」の存在は厄介な存在になっている昨今であります。 なぜ、厄介かはサイトを作成してみると分かるのですが、IE6には特有のバグがかなり多い上、使えない表現が多々あります。 IE6に対応するか、対応しないかで作業工数が結構変化したりするのです。 そんなIE6を出来る限り減らしたい。そんな理由で「IE6 No More」プロジェクトがあります。これはIE6を使用した場合に表示する警告文をみんなで使おうというものです。HTMLに貼り付けるだけなので、誰でも簡単に取り付けることができます。

URL正規化によって、パラメータによる分散を防ぐ

FacebookやTwitterからのリンクには「utm_source〜」というURLパラメータが付くことがあります。 これはGoogle Analyticsのためのパラメータで、アクセス解析の際にどこから来たのかをより詳細に調べるために付いています。 しかし、別のパーマリンクとして判定されてしまうため、はてなブックマークでブックマークしても本来のパーマリンクとutm_source〜のリンクは別扱

[CSS3]今から出来るIE対策 「影とグラデーション編」

サイトをHTML5とCSS3に対応させたことによって、IEの表示がおかしくなっていました。前々から、IEは全く同じデザインにはなってなかったのですが、出来るだけ同じように表示されるよう調整してみます。 prototype.jsのエラーの回避WordPressでLightboxやらのprototype.jsを使うプラグインとjQueryを使用すると、IE8で「prototype.js」のエラーが発生

必見!サイトを圧縮して高速化してくれるWebサービス

サイトのURLを入力するだけで、対象サイトのHTTPリクエスト数の減少数やデータサイズの削減率の数値を表示してくれるWebサービス『zbugs』。 zbugs - Merge, Minify, and GZip Compress JS & CSS, online tool 数値の表示だけではなく、圧縮&最適化した後のファイルをダウンロードすることが出来ます。(要ログイン)

なぜ!?CSS,JavaScriptなどの外部ファイルが読み込まれない原因

昨日、たまたま更新してないiPad(iOS3)と古いMacbook(Safari4)を触る機会があって、どうせならとこのサイトを試しに表示してみました。 なんとCSSが適用されていない! 自分の環境だと全て表示されていたので驚きました。試していた環境は・Safari5・Chrome 12・Firefox4・IE8,IE9 これらではCSSを読み込めているのに読み込まれていないブラウザがある。最初は訳が分かりませんでした。